月別アーカイブ: 2016年8月

アクション俳優ジェイソン・ステイサムするPANERAIの色気!

トランスポーターPANERAI

男性の外車好きの方なら誰もが知ってるシリーズ。

それがトランスポーターですね!

プロの運び屋を演じていた、
ジェイソン・ステイサムの出世作ではないでしょうか?

鍛え上げらた肉体に上下のスーツ、
そして愛車のBMW。

全ての要素がシブ過ぎます。

主人公は自分で決めたルールを厳守する、
ある意味潔癖癖気味な性格です。

住まいや愛車の手入れからも潔癖さを伺えるシーンは多く見受けられます。

そんな運び屋が身につける腕時計PANERAI(パネライ)!

映画がフランス制作という事もあり、
ハードなアクションと美しい街並みにかなり似合う腕時計だと印象付けます。

PANERAIと言えば、1860年創設の精密機器メーカー。

後にイタリア海軍に正式に装備品として採用された、
ハードな使用に耐えれる強者時計メーカーです。

現在のPANERAIにも、リューズガードの大きさが名残の様です。

しかし、このデザインが見事の色気と無骨さを出して、
素直にカッコいいと感じてしまいますね!

時計好きな人もそうで無い人も、
一度見たら忘れない存在感に間違いありません。

お高いですが…欲しいです。

宇宙戦争のトム・クルーズも愛用する、ニューヨーク・ヤンキースのキャップ!

いつまでも、色気を感じるハリウッドスターのトム・クルーズ。

代表作は、デビュー当時から全てと言っても過言ではありませんね!

皆さんは、トム・クルーズと言えば思い出すのが、
ミッション:インポッシブルシリーズだと思います。

スパイ映画の醍醐味に、洗練された小物は流石だと思います。

しかし、トム・クルーズの新たな魅力を感じさせてくれたのは宇宙戦争だと感じます。

地味なお父さん役で、
トム・クルーズファンからは評価はイマイチの様です。

しかし、取柄はないが子供の為に必死な姿は男から見てカッコいいですよ!

劇中で被る、ニューヨーク・ヤンキースのキャップは本人もお気に入りみたいです。

野球帽のイメージがありますが、
ヤンキースのキャップはアメカジにも相性が抜群です。

好きな人は、メジャーリーグキャップは複数持っていますよ!

しかも、こだわるならメジャー公式のキャップです。

調整するアジャスターは無いタイプがKOOLですよ。

頭にピッタリなヤンキースのキャップで、
ツバを丸めるのがカッコいい被り方ですね!

ちなみに、一直線なツバにするとB-スタイル

黒人ラッパーの雰囲気で、こちらもGOODですよ!

映画「下妻物語」よりロリータファッションブランドBaby!

昔「下妻物語」を観て、
深キョンが着ていたロリータファッションが本当に可愛くて可愛くて、
絶対ほしい!きたい!と思いました。

調べるうちに劇中で着ていたのは、
「Baby the stars shine bright」という老舗ブランドのお洋服でした。

フリフリのたっぷりフリルや、
ヘッドドレスやタックのブラウス、
それはまるでお人形さんのようになれます。

世界一可愛い服だっ!て当時は感動したものです。

が、当時はお高くてとても手が出ませんでした。

だいたいワンピース1着で2万円〜4万円。

高いものだと10万円を超える事もあります。

う〜ん、やっぱりお高いです。

でもちょこっとずつ集めて、
23歳の時にロリータデビューしたんです!

そして、その界隈で出来た友達と、
憧れだったお洋服に身を包み、
ショッピングしたり、イベントに行ったり、毎日楽しかったです。

最近は、クールジャパンの影響で海外でも大変好評のようで、
お洋服が手に入りづらくなっています。

広まるのは嬉しいのですが、
もっといっぱい在庫作ってくれれば、いいのに…!と、思うくらいです。

まあ、作り過ぎたら、価値が下がる等の弊害もあるのでしょう。

そこら辺はわかりかねますが。

でも、もっとロリータにも優しい世界になれば、いいなぁと思います。

NANAは最高のヴィヴィアン・ウエストウッド指南映画である

08041526
『NANA』という映画をご存知でしょうか?

原作は一世を風靡した少女漫画で、
「なな」という同じ名前を持つ二人の女の子が、
運命に導かれ出会い、恋愛や夢に奮闘する様を描く青春ストーリーです。

この映画の、黒髪でクールな美女
「ナナ」が愛するファッション・ブランドが「ヴィヴィアン・ウエストウッド」。

英国の老舗ハイ・メゾンであり、
英国発祥の「パンクロック」のアイコンとしても、
世界的に有名なブランドです。

ウエストがキュッと絞られ、
大胆にフリルがあしらわれ、
奇抜で目を引く色遣いのそれは、
唯一無二の存在感を持つブランドといえます。

特に、このブランドのロゴマークにもなっている、
木星に十字架を合わせたアイコンは、もはや説明不要の人気。

映画の中でも魅力的に登場する数々のアイテムですが、
特に美少年ベーシスト・シンの恋愛のキーアイテムにもなる、
このアイコンを象ったオーブ・ライターは、
喫煙者でなくとも憧れてしまう存在感があります。

ナイトクローラーのミステリアスなレイバンのサングラス

08041518
『ナイトクローラー』という映画があります。

アカデミー俳優でもあるジェイク・ジレンホール演じる主人公ルイスは、
極端な孤独壁を持つミステリアスな男で、
とあるきっかけから、夜の街を徘徊し残虐な事件をパパラッチして、
その映像を放送局に売るフリーのカメラマン、
通称「ナイトクローラー」の世界へと飛び込みます。

ダーティーな世界観と徹底した映像効果で、
単館上映ながら、映画好きの間では一大ブームを起こしました。

そんな彼は、同職の男たちとは一線を画す、
ファッショナブルな身なりをしています。

撫でつけたオールバックに、黒い細身のパンツ、
赤いスポーツカーで事件現場を飛び回る姿は、
現代胃のダークヒーローを思わせます。

そして、その中でもとくに印象的なのが、
そのミステリアスなまなざしを隠すレイバンの定番のサングラス、
クラブマスタークラシック。

昨今の流行でもある60年代風のクラシカルな形ながら、
鼻の高い彼にとてもよく似合います。